ホーム医療事務についてトップ>資格がなくてもできる

医療事務の資格がなくても医療事務の仕事はできるの?

医療事務の資格がなくても医療事務の仕事はできる

管理人

医療事務の仕事と聞けば、必ず資格が必要だと思っている人も多いと思いますが、実は医療事務の仕事をする時には、資格がなくても実際の仕事は行うことが出来ます。

医療事務の求人には「未経験可、未経験者は丁寧に指導します、医療事務の資格があれば望ましい、資格取得中の方も応募可能」という内容の場合も多いです。実際に資格を持っていなくて働いている方もいます。 医療関係で働く場合は、医師や看護師は必ず資格がなければ医療行為を行うことは出来ませんが、医療事務に関しては医療行為を行うわけではないので、資格がなくても仕事を行うことができるのです。

医療事務を雇う側の病院でも、資格がなくても仕事は覚えれば出来るので、明るくてテキパキと受け答えが出来る点や、チームワークやコミュニケーション能力を重視する医療機関も多く、受付は特に病院の顔にもなるので、出来るだけお客さんである患者さんに好印象を持たれる誠実な人を雇うケースも多いようです。

でも未経験者は資格はあった方がいいですよ

医療事務講師

世の中の現状を見ると、医療事務の仕事は人気があり、今では資格を取る人が年々増えてきているので、出来るだけ資格は取得した方が良く、経験も資格もなければ採用してくれない病院も徐々に多くなってきています。

就職情報誌などに「未経験の場合は資格取得者、資格所有者優遇」などと記載されてる場合も、実際の募集に電話を掛けてみると、「経験はありますか?」「ないのなら資格はありますか?」といったケースがほとんどです。なくても大丈夫といえど雇う側も即戦力を優先して採用したいという現実はあります。それに働く側にしても知識がなく未経験で飛び込むより、ある程度基礎知識を身に付けて就職した方が安心ではないでしょうか?

実際には資格がなく就職した方の一部は、就職後に取る方もけっこういます。 現場以外でもしっかりレセプトに付いての知識を系統立てて効率よく学んで現場について行く事が目的の方もいれば、医療自体に興味がわいてきて取る方、資格の手当てが出る方など目的はさまざまですが、就職後にも取得する方がいる事実は、その資格が知識として役にたつ証拠です。

医療事務の資格がなくても働けるというのは、何の知識がなくても即戦力の使える人材として働けるという意味ではないのです。 医療事務の資格は学校に通わなくても通信講座で学んで取得することも出来ます。自分のライフスタイルに合わせた資格の取り方が出来るので、働きながらでも取得することが可能になっていますし、試験はテキスト持込可能の場合が多く、在宅試験が可能な講座もありますので取得しやすい資格と言えます。

現実とのギャップ?

受講生

最近ネットの書き込み掲示板や質問サイトなどでよく見るのは「ニチイやユーキャンのCMで医療事務が簡単な仕事で誰でもできる印象を与えてるせいか、医療事務を甘い考えで見ている使えないおばちゃんが就職して来て困る。」などの書き込みが見受けられます。こういった書き込みは掲示板の性質上、個人の不満のはけ口になってたり、特定の人への不満だったりする事が多いのですが、「ニチイやユーキャンのCMのせいで」という内容は頻繁に見られるようになりました。

その内容のほとんどが上記のような、「甘い考えで医療事務に就職するな」というものと「ユーキャンやニチイのCMがいかにも医療事務は簡単に就職できるようにうたってるが実際は簡単に就職できなかった」という、この二つが圧倒的に多いです。みなさんこれを見てどう思いますか?

管理人としてはユーキャンやニチイのCMが間違った事や誇大表現をしてないと逆に確信できると思います。使える使えないなどという表現の汚さは別としてその年配の方々はニチイやユーキャンの影響で資格を取って就職できてるわけですよね。「簡単に就職出来なかった」という件に関しては、医療事務以外の他の資格の場合でもそうですが、超難関資格でさえ、それは就職を保障するものではないのです。

「医療事務の資格は取得するのが簡単なので誰でも取れる、持っていても就職に意味がない、そんな事よりもその人の人間性が大事」これもよくネット上によく書き込まれてる事ですが、言ってる人は資格を持ってる人だったりします。

管理人が感じるのは資格を就職へのパスポートと考える事がそもそもの間違いのような気がします。あくまで就職のための道具でなく、資格試験を利用して自分のスキルをつけ、それを現場で実践する事で雇い主、患者さん、本人ともによい関係が築ける、 それが、「あらかじめ基礎知識を身に付ける=資格を所有する」という事ではないでしょうか?

医療事務の資格はなくてもいいのに取るのはなぜ?

医療事務講師

しかしなぜ医療事務は資格がなくても働けるのに、みんなが資格を取りたがるのでしょうか?

ここでは医療事務の資格取得のメリットを紹介します。

仕事も人気があり、比較的取得しやすい

医療事務の資格にこれだけ多くの人が殺到する理由の一つには、 医療事務の資格は学歴関係なく誰でも取得できるものが多く テキスト持込や在宅試験が可能なため資格としては比較的容易にとれる ということがあげられます。すぐに就職するつもりのない方も結婚後、産後の保険として 取得しておくケースも多くあります。

医療事務の仕事は全国どこへ行っても医療機関があり医療事務の資格があれば夫の転勤や引っ越しの際も就職先を探しやすく働く場所は病院だけでなく歯科医院や調剤薬局、地方自治体などでも医療事務は求められています。 正社員、派遣、パートなど生活スタイルにあった選択ができ、お給料はすごく高いとは言えませんが安定しています。 このように医療事務の仕事自体の人気が資格取得者の増加の理由の一つです。

求められる即戦力

医療事務助手

近年、大きな病院では分業化が進み、受付は1日中受付、 オペレーションは1日中入力を担当したりといった分業化が進んでいます。 その中でアウトソーシング化(派遣社員などエキスパートによる外注化 あるいは部署ごと別の会社が担当するなど)も進み医療事務個々のスキル が問われる厳しい現状ではあります。病院側からしても、 未経験者を雇い教育するより派遣会社から、すでにできる人を雇用した方が、 育てる時間、費用を考えたら外注の方が利益につながるというのが理由の一つです。

就職情報誌などを見ても医療事務の採用条件には未経験の場合は資格取得者、資格所有者優遇などと記載されてる場合もあります。実際の募集に電話を掛けてみると、「経験はありますか?」「ないのなら資格はありますか?」といったケースがほとんどです。なくても大丈夫といえど雇う側も即戦力を優先して採用したいという現実はあります。

未経験者はあった方が自信を持って働ける

管理人

そんな現状の中、未経験で資格なしは雇う側にとって魅力のある人材とは決していえません。 よくネットの質問掲示板などで「医療事務の資格は取得するのが簡単なので誰でも取れる、 持っていても就職に意味がない、そんな事よりもその人の人間性が大事」などの 書き込みが目立ちます。

そういう人は資格所有者だったりするのですが雇う側の面接するような立場ではなく、 医療事務で一緒に働く仲間の理想を言ってるだけです。 その人の人間性は数分の面接ではなかなかわかりませんが、 資格試験に合格して医療事務の基礎知識があると言う事は資格によって 事実として伝える事ができます。

そういった意味でも未経験者はなんとか最初の就職をしなければ、いつまでたっても 未経験者のままです。そのためにも未経験者の方は特に、裸一貫で面接に望むより 資格と言う武器を手に望んだほうがいいのです。

  • たのまな
  • ニチイ
  • ユーキャン
copy right© 医療事務通信講座比較ナビ