ホーム勉強法トップ>独学で取得するには

医療事務の資格は独学でも取得できるのでしょうか

独学でも医療事務は取得できる?

医療事務を独学で取得するメリット

医療事務講師

医療事務の資格を独学で取得する理由は、とにかく費用面を抑えることが出来ることです。医療事務の資格を取得するためには、通常通信講座を利用するか通学することになりますが、やはりそれらにはある程度の費用がかかります。しかし独学では参考書などを購入すればいい位で、あとは自分の努力次第ですが独学でも資格は取得できます。

その他のメリットとしては、自分のペースでコツコツ勉強して資格を取れるという点です。

しかし、独学の場合は医療事務実務経験者がまわりにいない場合は難しいかもしれません。急いで資格を取る必要性のない方は独学で勉強してもいいのですが、やはり医療事務の資格を本気で取得したいのであれば、独学で勉強するのは相当な精神力が必要になります。

独学のデメリット

アシスタント

独学で勉強してる方の中には何度も医療事務の試験に挑戦する人もたくさんいます。医療事務の場合は資格の種類にもよりますが、頻繁に資格試験がありますのですぐに再挑戦できますが、費用はその度にかかってしまいます。最初から独学だけで医療事務の資格を取るためには、自分の中でしか強制力がないので、意思がよっぽど強くないと勉強が進まないというデメリットがあります。

やはり目指す資格について調べ、具体的な目標設定をしっかり持ち、試験日から逆算した計画をたてる事で途中であきらめる事無く勉強を行うのがベストです。

医療事務の資格が取れた時の自分をイメージして、将来働く希望の医療機関や、自分で働いている姿を想像して、いかに辛い勉強を乗り切るように出来るかが大きなポイントです。

通学講座、通信講座に比べて

管理人

独学で医療事務の資格を取るデメリットとして、通学講座、通信講座に比べて取れる資格が限られてくるということもあげられます。これは目指す資格によっては受験資格に指定の講座を受講しなければ取得できない資格があるからです。

具体的な例だと医療保険士という資格は、受験資格として主催する医療保険学院が指定する 講座を受講、修了する事が受験資格になります。その他には保険請求事務技能検定試験も同じように主催する日本医療事務協が指定する講座を受講しなければなりません。

その他通学講座、通信講座と比べてのデメリットとしては情報収集を自分で行わなければいけない点です。医療事務の資格の場合一定期間ごとの法律の改定にあわせて試験内容も改定されます。独学ではその情報収集も自身で行わなければなりません。通学講座、通信講座だったら、 自分でやる必要はありません。資格を主催する団体のホームページをチェックするなどしてまめに調べましょう。

たのまな ユーキャン ニチイ
copy right© 医療事務通信講座比較ナビ