医療事務通信講座比較ナビホーム>独学で取得するには

医療事務の資格は独学でも取得できる?通信講座の利用は?

独学でも医療事務は取得できる?

医療事務講師

医療事務の資格試験は点数表、テキスト、ノートの持込が可能な場合が ほとんどですので簡単なイメージがあり”独学で勉強して会場試験で受験する”みたいなイメージを持つ方も多いのではないのでしょうか?

実際はほとんどの場合は指定の講座を修了し、その後在宅試験という場合がほとんどです。

また、自宅で学習し会場試験の場合は難易度の高い「診療報酬請求事務能力認定試験」のような受験資格のない資格を受ける必要があります。

受験資格のない資格を受ける場合、独学でも合格できるんでしょうか?

医療事務を独学で取得するメリット

医療事務の資格を独学で取得する理由は、とにかく費用面を抑えることが出来ることです。医療事務の資格を取得するためには、通常通信講座を利用するか通学することになりますが、やはりそれらにはある程度の費用がかかります。しかし独学では参考書と受験費用くらいなので、何度も受験しないで合格したら費用的にはお得です。

その他のメリットとしては、自分のペースでコツコツ勉強して資格を取れるという点です。急いで資格を取る必要性のない方は独学で勉強してもいいのですが、通信講座や通学のほうが早く簡単に取れてしまうというのが実情です。

独学のデメリット

アシスタント

独学で勉強してる方の中には何度も医療事務の試験に挑戦する人もたくさんいます。医療事務の場合は資格の種類にもよりますが、年に数回、資格試験がありますので再挑戦できますが、費用はその度にかかってしまいます。最初から独学だけで医療事務の資格を取るためには、自分の中でしか強制力がないので、勉強が進まないというデメリットがあります。

何度も受験する場合は医療事務の通信講座は、他の資格に比べ安いので、講座を受けたほうが確実で安かったという場合もあります。

また独学では、通学講座、通信講座に比べて取れる資格が限られてくるということもあげられます。これは目指す資格によっては受験資格に指定の講座を受講しなければ取得できない資格があるからです。

その他通学講座、通信講座と比べてのデメリットとしては情報収集を自分で行わなければいけない点です。医療事務の資格の場合一定期間ごとの法律の改定にあわせて試験内容も改定されます。独学ではその情報収集も自身で行わなければなりません。通学講座、通信講座だったら、自分でやる必要はありません。

通信講座を受講するメリット

講師

医療事務の資格を通信講座で取得する人は、毎年どんどんその数を伸ばしています。医療事務の通信講座は数も豊富にあり、医療事務の資格を取得する方法として最も多い方法になっています。当サイトで紹介してるユーキャンでも100以上の資格の通信講座がある中、医療事務の人気は不動の1位に何年も鎮座しています。

通信講座で医療事務の資格を取得する一番のメリットと言えば、やはり通学で医療事務の資格を取るのと比較して、自分で勉強する時間を決められるということです。通学の場合はどうしても決められた時間に行かなければいけないという強制が出てきて、仕事をしている人達に取ってはなかなか効率よく勉強することが難しくなります。しかし通信講座では、勉強の時間配分も1日でしてもいいし、1週間かけてゆっくりと行ってもいいので、自分のライフスタイルを崩さないで行えることが嬉しいのです。

通信講座は独学で勉強するのとは異なり、きちんと教材やカリキュラムが決められているので、その通りに勉強を進めていけばいいだけなのです。定期的に配本してくれる講座や添削提出日が決まってる講座ではペースメーカーの役割も果たしてくれます。

通信講座の価格も、今では数多くの医療事務の通信講座があり、リーズナブルな価格設定をしているところもたくさんあるので、通学するよりも相当費用を抑えることが出来ます。

また通学講座では教室が遠くて、通うのが大変という方でも通信講座なら全国どこでも受講できます。

通信講座のデメリット

管理人

通信講座で医療事務の資格を取得するデメリットは、やはり通信講座では完全な強制力はないので、独学で勉強するのと似ていて、自分がサボりたい時に勉強をやめてしまう事もできてしまう事です。

通信講座でもリーズナブルとはいえ費用がかかっていますので、挫折してしまってはもったいないという気持ちも上手に利用する事も大切ですし、 資格を取得するという気持ちを強く持ってモチベーションを維持する事が大切です。

医療事務の通信講座を選ぶ基準

迷う

医療事務の通信講座もたくさんあるので、みなさんなかなか迷う所ではあると思います。その場合は複数の通信講座の資料請求をして比較するのが最もおすすめです。ここではその際に選ぶ基準を紹介します。

 

取得できる医療事務資格の種類、難易度

医療事務の資格はたくさんあるのでどの資格を取ればいいのか迷ってしまいます。まずはどの資格がいいのか、どの講座でどの資格が取得できるかを把握します。難易度が高く信頼があり就職にも有利な資格もあれば、すぐに取得できる資格もあります。どういった資格がいいのかは個人の考え方によるとは思いますが資料請求すると標準学習期間やカリキュラムによっては早く取得できるなどの情報も手に入りますのでそれも参考にします。在宅試験が可能な通信講座もありますので試験形態もあらかじめ調べます。

 

料金と教材、フォロー体制

医療事務の通信講座は各社、受講料が違います。当サイトでも比較一覧がありますのので是非便利にお使い下さい。

通信講座、各社料金比較表

また、料金だけでなくフォロー体制や教材なども各社特色を出してますので資料で詳細を調べます。例えば1年以内なら合格するまで何度でも試験が受けられる、合格保証システムなどもあります。また添削や質問を受ける体制もどうなってるか、受講期間が延長できるかなども比較対象になります。教材では点数表や医療用語辞典など別途購入しなくてはならない物がないかなども料金と共にチェックしたい点です。

 

受講スタイル

最近の医療事務通信講座では教材のみで進めるスタイルの他に、CD、DVD講座やネット講座などもあります。

DVD講座は講師の講義が録画されてるものを見ながら勉強していくスタイル。CDは音声のみですが、電車や車でも勉強できるという利点があります。

ネットを利用した講座ではDVD講座と同じような進め方ですが、レポートなどの提出物をパソコンに入力するとすぐに添削してもらえるなどスピーディーな学習ができます。

教材のみの他に追加料金で上記のようなサービスが選べるという通信講座が多いのでこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

 

就職の斡旋があるか

資格取得後のフォローも大事な比較ポイントです。大手だと医療機関との契約があったり、就職斡旋業者を子会社で持ってるなどの講座がありますので取得後の就職も視野に入れて検討するのがいいでしょう。

医療事務は簡単と言われるが・・・

医療事務は簡単と言われますが、まったく勉強しないで合格は出来ません。

在宅試験であれ点数表のどこに何が書いてあるかある程度把握し、時間以内にテストを完成させなければいけません。

問題自体も「14時に急な発熱で来院した幼児が~」などの問題文から「14時だと通常加算?深夜加算?赤ちゃんなんで乳幼児加算?」など基本的な知識がなければ、いくら持ち込みのテキストがあっても、そこから調べるには時間がいくらあっても足りません。

しかし点数表を丸暗記するような試験ではないので、その特性を考えた試験対策は講じられると思います。やはりある程度基本をマスターしたあとは、過去問や問題集をどんどん解いて出題傾向に慣れる事。点数表を使い倒して自分の物にする事が合格につながります。

実際の現場でも調べながらの仕事ですので、"現場で即使える人材"になる事がゴール と考えると医療事務の資格の場合は小手先のテクニックでどうにか合格点を目指すというよりは、地道に問題の数をこなす事がゴールへの近道と言えるのではないでしょうか?

医療事務の資格が取れた時の自分をイメージして、将来働く希望の医療機関や、自分で働いている姿を想像して、いかに辛い勉強を乗り切るように出来るかが大きなポイントです。

  • たのまな
  • ニチイ
  • ユーキャン
copy right© 医療事務通信講座比較ナビ