トップページ医療事務の勉強法トップ>過去問

医療事務の過去問の勉強法を紹介しています

医療事務過去問の勉強法

やはり過去問は大事

管理人

医療事務の試験は資格の種類にもよりますが、点数表やテキスト持込可能 な場合が多いので、暗記よりも問題への慣れが大切という側面はあります。

そのためか、あまり過去問を重要視しない方も多いのではないでしょうか? しかしそれでもやはり通信講座、通学講座のテキストに含まれていた場合は 最初にやってみる事をおすすめしますし、独学の方は特に過去問が重要です。

いきなり過去問に挑戦した場合たぶんほとんど解けないと思いますがそれで いいです。すぐ答えを見てください。

過去問からわかるいろいろな情報

医療事務講師

過去問からはいろいろな情報がわかります。

まずは難易度です。やはりどれだけの勉強をどれだけ掘り下げてやればいいか分析する事で ゴールが見えてきますので、そこから逆算する事で今後の勉強の効率が変わってきます。

あとは出題形式や傾向です。最初のうちは過去問は何がなんだかさっぱり かもしれませんし傾向なども、勉強を開始したばかりだと感じ取れないかもしれませんが 勉強を進めてるうちにわかってきます。

あとは点数表やテキストを見ながら時間以内に解く ようなやり方は、初めから点数表はどう使ったら早く調べられるか「付箋をつけるなどしたら便利」「辞書のように使い込んで引きやすくしよう」などとテスト形式による対策が早期から立てられる点が過去問を最初にやる利点です。

しかし医療事務の場合、他の難関試験に比べると徹底的に過去問を研究して出題傾向を割り出して、ヤマを張って・・・みたいな感じではないです。 でも最初にやって難易度、傾向、出題形式を知る事は大切ですので試してみて下さい。

たのまな ユーキャン ニチイ
copy right© 医療事務通信講座比較ナビ