ホーム>医療事務試験の勉強法トップ

医療事務試験の勉強法を解説しています

医療事務試験の勉強法トップページ

医療事務講師

医療事務の資格を目指す方はすでに働いてる社会人の方や子育て中の方が多いのではないでしょうか。現代の忙しい社会人にとってはなかなか資格の勉強のために時間を捻出したり子育ての合間に勉強をするのはなかなか大変な事です。

そこで当サイトでは社会人のための資格勉強法についてまとめましたので是非参考にしてください。

医療事務の試験内容はどんな感じ?  先に進めないタイプの人の勉強法
医療事務の過去問は重要 忙しい人のほうが勉強が出来る?
上手な勉強スケジュールの組み方 自分に勉強させる仕組みを作る
医療事務を独学で取得するには 通信講座利用のメリットは

医療事務の試験はテキスト持ち込み可能が多い

管理人

医療事務の資格試験は点数表、テキスト、ノートの持込が可能な場合が ほとんどですので簡単なイメージがあるかもしれません。

しかしまったく勉強しないで合格は出来ません。 点数表のどこに何が書いてあるかある程度把握し、時間以内に完成させなければいけません。 問題自体も「14時に急な発熱で来院した幼児が~」などの問題文から「14時だと通常加算?深夜加算?赤ちゃんなんで乳幼児加算?」など基本的な知識がなければ、いくら持ち込みのテキストがあっても、そこから調べるには時間がいくらあっても足りません。

しかし点数表を丸暗記するような試験ではないので、その特性を考えた試験対策は講じられると思います。やはりある程度基本をマスターしたあとは、過去問や問題集をどんどん解いて出題傾向に慣れる事。点数表を使い倒して自分の物にする事が合格につながります。

実際の現場でも調べながらの仕事ですので、”現場で即使える人材”になる事がゴール と考えると医療事務の資格の場合は小手先のテクニックでどうにか合格点を目指すというよりは、地道に問題の数をこなす事がゴールへの近道と言えるのではないでしょうか?

たのまな ユーキャン ニチイ
copy right© 医療事務通信講座比較ナビ